グリーン燃料技術
事業分野 / グリーン燃料技術
問題について

また、サテライト分布の進展により、特に廃棄物の量が少なく広域のエリアを含む地域に適するようにグリーン燃料技術を小型化することもできます。多数の小規模MBT(機械的・生物的処理)施設が存在するため、既存の発電所、セメント工場、焼却炉などの施設は廃棄物のエネルギー利用に全面的に参画することができます。繰り返し投資する必要がないため、「not in my backyard(私の裏庭に廃棄物処理施設はいらない)」効果を回避し、土地資源を守ることができます。

当社の取り組み

ALBAは、埋立や直接焼却に止まらない「グリーン燃料技術」として知られる第三世代の一般家庭ごみ処理技術を開発しました。この技術により、一般家庭ごみに含まれるすべてのリサイクル材が機械的に分別され、リサイクル向けに復元されます。機械的・生物的処理(MBT)により、残りの少量の一般家庭ごみを生物的に安定化させた後に乾燥させ、有害物質を取り除き、「グリーン燃料」ともいわれる高発熱量(3,000~4,500 kcal/kg)のクリーンな燃料が生成されます。研究によれば、この技術により一般家庭ごみの全リサイクル率が最大98%まで最大化されることが分かっています。

ALBAの革新的で適応的なソリューションはアジアとドイツの当局や企業に認知されているだけでなく、アジア諸国の政府からも積極的に推進されています。グリーン燃料技術はアジアにおける一般家庭ごみの問題を解決し、クリーンで持続可能な未来を可能にする新たな道を切り開いています。

詳細
グリーン燃料技術

事業事例

私たちは、スケーラブルで全体的なリサイクルソリューションの実装を通じて、アジアにサーキュラーエコノミーを作上げる。

東京, 中国

リサイクル業界のパイオニアとして

ALBAは、環境と次世代のために貢献します。