企業情報

1968年のALBA設立当初は、製品や材料を再利用するという考えは一般的ではありませんでした。しかし、私たちは当初から廃棄物を処分するだけでは問題があることを理解していました。現在では、多くの業界や生産プロセスにおいてリサイクルによる二次原材料の活用は一般的になってきています。

当社は、商業用、産業用、家庭用廃棄物を計画的に回避する、あるいはマテリアルリサイクルのループに戻す方法を模索し続けています。そのような取り組みを通じて、当社は一貫してグローバルな原材料供給に大きく貢献しています。一歩一歩、当社は「廃棄物ゼロ社会」の実現に近づいています。

廃棄物のない世界へ-。
当社は、このビジョンを現実のものにしたいと考えています。日々の仕事を通じて、より持続可能な世界を支援しています。限りある天然資源を責任を持って利用することで形作られる世界。未来の世代が生きる価値のある世界です。

急速な経済成長、都市化、人口増加により、アジアではリサイクルや廃棄物管理ソリューションの巨大な市場が生まれています。
ALBAはこの地域おいて20年以上、またこの業界においては50年以上の経験があります。
そのため、当社はヨーロッパの業界水準を取り入れ、ソリューションをアジアにローカライズすることで2つの地域の長所を組み合わせています。
当社は、拡張性のある総合的なリサイクルソリューションの導入を通じて、この地域の循環型経済を構築していきます。
ALBAでは、起業家精神にあふれた多様なチームが業界最高水準を達成する革新的で信頼性の高いプロフェッショナルなプロジェクトを実現しています。

ALBA Group Asiaは中国・香港に本社を置き、アジアにおけるALBAブランドを代表する企業です。
当社は、最高品質のリサイクルと廃棄物管理ソリューションで世界的に知られています。
当社は、コアの強みと堅固な市場原理を結び付け、アジアの環境分野で成長を実現するための方策が生み出されています。

最新鋭のプラントと機械を活用することで、リサイクル品の収集、選別、処理を費用対効果に優れ環境に配慮した方法で行います。
当社のプラント技術により、リサイクル品の選別と処理手順は、お客様ごとに調整することができます。
当社は、常に自社技術を微調整し、アジアにおける様々なマテリアルフローの特定需要に応えています。

また、当社の社会的責任感は事業活動に止まりません。当社は、交流およびスポーツを目的とした施設やプログラムを通じて、子供や10代の青年たちを対象とする環境についての教育にも取り組んでいます。ALBAでは、自社のイメージ向上を図ることよりも、長期的な影響や持続的な変化をもたらす貢献に対してより強い関心があります。

ALBAアジアの会長、アクセルシュヴァイツァー博士

求人情報

リサイクル及び廃棄物処理業界はアジアで最も革新的に急成長している業界の一つです。この地域と業界での経験が豊富なALBAは、最高品質のサービスと顧客第一の姿勢で定評を得ています。当社は、リサイクル業界のあらゆる側面において最高のソリューションを提供しています。ALBAの支えとなっているのは、優秀で高いモチベーション持つ社員たちです。彼らの専門知識と経験は、長期的な成功において必要不可欠な要因となっています。

他にはないキャリアの機会にご関心があり、ダイナミックな成長への貢献をお望みであるなら、ALBAは最適な職場です。当社はすべてのレベルでエキサイティングな機会や魅力的なキャリアパスを提供いたします。ALBAには、ダイナミックな職場環境の中でアイデアを生み出し、キャリア目標を達成するための条件があります。我々と共に廃棄物のない世界を目指しましょう。

サステナビリティ

世界は急速に変化しています。加速する資源不足、環境や気候への負荷、移り変わる人口構成、これらはすべて私たちの生活に大きな影響があります。持続可能な経済、それは環境や社会的な問題と経済上のニーズが統合された経済です。

環境サービス提供会社かつ原材料サプライヤとして、当社は持続可能な開発の促進を支援することが当社の義務であると認識しています。当社は得意分野に力を入れ、原材料の膨大な消費の問題に立ち向かい、高品質なリサイクル、環境保護、資源保全を組み合わせた代替的な戦略に置き換えることによって、その義務を果たしています。

将来的には、ごく一部の原材料からすべての原材料全般へとリサイクルのフローを拡大していくことが目標です。これには、製品の設計、製造、利用、回収、および価値創造プロセスへの回帰を含む製品の全ライフサイクルに対する統合されたアプローチが必要とされます。

当社は業界や小売りセクターと協力して、製品に利用される原材料のフロー管理、廃棄物回避、高品質のリサイクルを一つの統合された概念に統合しています。ここでの目標は、廃棄物を品質の点で一次原料に匹敵する二次原料に加工し、国際市場の現行価格に見合ったものとすることです。

エンゲージメント

1989年に設立されたバスケットボールクラブの「BG Charlottenburg」はわずか2年後に財政破綻しました。
救いの手は予期しない驚くべき所からやって来ました。
当時のALBA社CEOのフランツ・ジョゼフ・シュヴァイツァーとクラブ会長のゲルハルト・ウルリッヒ・シュミットの偶然の出会いによりパートナーシップが締結されました。
以後30年間、このパートナーシップは今日まで継続され、ベルリンのはるか彼方の世界へと拡大しています。ALBAは同クラブを傘下に収めて主要スポンサーとなり、同クラブに当社の名前の使用を許可しました。名称の変更とともに、かつてない成功の新時代が到来しました。

1995年、ALBA BERLINはコラック・カップのヨーロッパタイトルを獲得した初めてのドイツのクラブチームとなりました。その2年後には、ドイツ・チャンピオンシップとドイツ・カップで優勝を飾りました。ALBA BERLINはこれまでに20以上の国内外のタイトルを獲得し、過去20年で最も成功を収めたドイツのバスケットボールチームの一つとなり、ドイツ最大のバスケットボールクラブとなりました。

ALBA BERLINは男子プロレベルの成功だけでなく、ドイツで最大のユースと女子部門も持っています。その競技成績と優れた育成水準が評価され、ベルリン市内外の160以上の学校、大学、その他の教育機関と連携しています。そのため、このクラブは、社会におけるスポーツクラブの伝統的な役割に挑戦する、重要な社会的役割の担い手となっています。ALBAでは、バスケットボールがより健康的で持続可能、かつ社会的に統合されたライフスタイルを送るために価値ある貢献ができることを誰もが確信しています。また、バスケットボールには、他のスポーツにはない、人々を鼓舞し、団結させる力があるとALBAは信じています。

当社はバスケットボールが、リサイクル、環境保護、文化交流などのテーマの重要性について人々を教育する多大な潜在性を秘めた独自のプラットフォームであると信じています。バスケットボールとリサイクルの施策を通じて、ALBAは当社の2つの専門分野を有意義な形で持続的に結び付けることを目指しています。ALBA BERLINが最近香港に設立したバスケットボール・アカデミーでは、地域内でより斬新なバスケットボールと教育のプロジェクトが開始される予定で、アジアでのさらなるサステナブル(持続可能)なエンゲージメントの基盤となることが期待されます。オーストラリアで開催される2022年FIBA女子バスケットボール・ワールドカップと日本・フィリピン・インドネシアの共同で開催される2023年FIBAバスケットボール・ワールドカップにより、アジア太平洋地域におけるバスケットボール人気はますます広がりを見せ、このスポーツを推進するエキサイティングな機会が提供されることになるでしょう。

リサイクル業界のパイオニアとして

ALBAは、環境と次世代のために貢献します。